2019年11月1日公開の、新作映画。


あらすじ
長野県のとある精神科病院。それぞれの過去を背負った患者たちがいる。母親や嫁を殺めた罪で死刑となりながら、死刑執行が失敗し生き永らえた梶木秀丸。サラリーマンだったが幻聴が聴こえ暴れ出すようになり、妹夫婦から疎んじられているチュウさん。不登校が原因で通院してくる女子高生、由紀。彼らは家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こった。加害者は秀丸。彼を犯行に駆り立てた理由とは――。
引用:cinema cafe.net

原作は箒木蓬生さんの「閉鎖病棟」。

精神病院を舞台にした映画だと、
松尾スズキさん監督の
クワイエットルームへようこそ
が思い浮かびます。

クワイエットルームにようこそ

精神病院を舞台にしながらも
シリアスなのにふっと笑ってしまうような映画です。


閉鎖病棟も
クワイエットルームへようこそ
も、ぜひ見てみてください!