わっしょいからワルツまで

Waltz[ワルツ] 1.ワルツ《二人で踊る 3 拍子の優雅な円舞》 2.踊るような足どりで歩く 3.楽に[首尾よく]進行する

2019年10月

コーヒー&シガレッツ [DVD]

コーヒーの本場、イタリア。
エスプレッソとタバコの煙の中、他愛もない会話の中に浮かび上がるイタリアの多種多様な人々の思想や生活感が愛おしい映画です。

イタリアに行ってみたくなります♪

淡々と進むストーリーにいつの間にか引き込まれてしまうでしょう。

ぜひ観てみてください!

ジョー・ブラックをよろしく (字幕版)

この映画をみたきっかけは、ただただアンソニー・ホプキンスの出演する映画を制覇したいと思って仕方なく(笑)観たただけでした。

ラブロマンスものは苦手なので全く期待していなかったのですが、今回の主人公はなんと「死神」。

主人公のジョー・ブラックは、コーヒーショップで見かけた女性スーザンに一目惚れし、コーヒーをご馳走してなんとか次のデートの約束を取り付けます。
ウキウキでお別れをするジョーとスーザン。
しかし、ジョー・ブラックは死神に運命を決められた存在だったのです…。


スーザンの死期が迫った父親役をアンソニー・ホプキンスが務めているのですが、人生の重厚感と温かみを体現されている素晴らしい演技でした。

若かりし頃のブラット・ピットの神々しい美男子っぷりも最高です♡笑

ぜひ観てみてください!

カリフォルニア・ダウン(吹替版)

岡田斗司夫さんは、アニメ制作会社である株式会社ガイナックスを立ち上げた方で、今は株式会社オタキンという画期的な年俸制を持つ会社の社長を務めています。

もともとはSFの同人サークルから活動の幅を広げ、アニメ、SF界ではレジェンドでもある方です。
エヴァンゲリオンの安野秀忠監督などとも同時期から活動を始めており、今のアニメ史を語るには欠かせない人物です。

今回はそんな岡田さんがオススメする映画カリフォルニア・ダウンをご紹介します。

あらすじ
巨大地震が発生し、猛烈な揺れに襲われたカリフォルニア。超高層ビル群やゴールデンゲートブリッジが次々と倒壊し、ロサンゼルスなどの大都市が相次いで壊滅。救難活動に奔走するレスキュー隊のパイロット、レイ(ドウェイン・ジョンソン)はサンフランシスコに残された娘(アレクサンドラ・ダダリオ)の救出に向かうが……。
引用:Yahoo!映画

ワイルド・スピードでもお馴染みのロック様が出演するこの映画。

崩壊する地球を救う、という非常にシンプルな映画ですが、岡田さんイチオシのポイントは期待値を超える映像なんだとか。

映像が予想してたのより2倍すごいです。ビルが倒れるんだろうな、ビルが崩壊するんだろうな、ビルが崩壊します。
 ただ、そのビルの崩壊の仕方が、今これ見てる人がどんな絵を想像してようとその2倍すごいです。
 あ、津波来るんだろうな、津波来ます。
 ただそれはどんな予想をしてもその2倍すごいです。本当にすごいんですよ。絵が。

これだけ絶賛する崩壊具合、みたくなりますよね笑

愛する娘のため、地球を救おうと奮闘する主人公、そしてその意志に反して崩壊していく地球、そのコントラストがすごいです!

主人公のコミットから来る行動は最後まで必見です。

ぜひ見てみてください!



新宿といえば夜の街、歌舞伎町。

ホストクラブやキャバクラをはじめ、ゴールデン街や思い出横町、ひいては二丁目などなど、呑兵衛も飽きたらない不夜城です。

その反面、新宿映画の街でもあって、
実は大小含め映画館がたくさんあるんです!


新宿バルト9
新宿3丁目駅の地下街から直結する、新宿マルイの9階にある映画館です。
IMG_1450

新宿ピカデリー
こちらは新宿駅東口から徒歩3分ほどの映画館。1Fには無印や無印のカフェを併設しているおしゃれな映画館。
中にはプラチナルームなるものがあり、超贅沢なウェイティングルームもあるんだとか…


TOHOシネマズ新宿
新宿の中では比較的新しい映画館。
APAホテルと合体しており、1Fには飲食店がたくさん。大きなゴジラが出迎えてくれる、IMAXシアターを有したとても広い映画館になっています。


この3つが大きな映画館ですが、
ミニシアターもたくさん!

テアトル新宿

EJアニメシアター

シネマート新宿

シネマカリテ

K'sシネマ

新宿武蔵野館




メジャーな映画からちょっとコアな映画まで、観たいと思ったその時に観れる!なんて素敵な街なんでしょう…!


映画好きな方なら、いかに映画を堪能するかも楽しみなのではないでしょうか。


その一つの方法と映画を最高の方法で観ること、だと思います。

たまたま、いつも見ているブログで新宿で経営をされてる向山雄治さんの「グレイテスト・ショーマン」のレビューあったのでご参考まで。

心が奮い立つ最高の映画です!!
夢や願望を描きながらも、
なかなか人生上手くいかないなーと思う方に特にオススメです♪♪
子供の頃~大人になる中で、
チャレンジや挫折を繰り返しながらも、
理想を追求していく主人公に
自分を重ね合わせながら、心が奮い立つ映画だと思います♪♪
新宿TOHOシネマズの
音響が一番良い会場で観たんですが
コーヒーやポップコーンを食べるのを
つい忘れてしまうぐらい、夢中になります☆
映画館を出るころには、
おそらく、皆が、自分の可能性に期待していくことでしょう♪♪
一緒にいた友人が、
R&BやJazz Waltzの音楽に合わせて、ノリノリで踊り始めてましたww
二回ほど観ました☆彡
DVDが出たら、即、購入します♪♪

グレイテスト・ショーマン、いい映画でしたね〜✨
TOHOシネマズ新宿にはIMAXを備えたシアターがあります。

IMAXとはピクサーが開発した最新の技術で、端的に言うと、普通のスクリーンよりも大きく、キレイで、音が良いという最高の映画体験ができる設備なのです。

特にアクションやミュージカルなど、臨場感を体感したい映画には特に最高です。

向山さんも、このIMAXでグレイテスト・ショーマンを体験されたんですね〜!

羨ましい…!



そして新宿のすごいところは、観たい時に観られる映画館の豊富さだけではありません。


マルイなど大きな商業施設に映画館が入っていることで、映画に関するグッズを売っているお店がたくさんあることも特徴です。

特にバルト9の下階(マルイの1f)では、よく上映中の映画に合わせてポップアップストアやカフェなど、プロモーションが展開されていることが多いですね。

そして、映画のロケ地もたくさんある、ということ。

「映画の余韻にどっぷり浸りたい!」

そんなワガママな欲望を叶えてくれるのが新宿なんです。

まだまだ語り足りないですが、
映画好きなそこのあなたはぜひ!新宿に足を運んでみてはいかがでしょうか?

歴史を塗り替える大ヒット作「君の名は。」が記憶に新しい、新海誠監督。

現在上映中の「天気の子」もヒットを飛ばしていますね。

新海誠監督は新宿にゆかりの深い方で、
この映画以前から新宿駅や新宿御苑、都庁、四ツ谷など、新宿にほど近い土地を映画の中で度々描いています。

言の葉の庭

新宿御苑を舞台に、高校生と国語の教師との密かに秘めた恋模様を描いた「言の葉の庭」。

君の名は。


君の名はの主人公、瀧(たき)が暮らす街も新宿です
(四ツ谷寄り?)。朝日や夕日が照らす都庁や新宿駅の街並みが本当に美しいですよね。

新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド

そして、最新作「天気の子」も舞台は新宿です。
代々木のドコモタワーや新宿御苑前などが美しい光を浴びて神秘的に描かれています。


新海監督のほぼ全ての作品に新宿が登場するわけですが、実は新海誠監督は長野出身。
現在はどうか分かりませんが、新宿を拠点に活動されているそうです。

仮に長野から上京し学生時代を含めて新宿に住んでいた(いる)ならば、非常に思い入れの強い土地になるのは当然のことですよね。

新宿といえば歌舞伎町をはじめとして「騒々しく汚い街」というイメージを持っている方も少なくないのかなと思います。

ただ、新宿が映画の道を歩み始めた思い出深い場所だからこそ、新海監督にとって新宿の喧騒も街並みも、ひっそりと存在する緑も、すべてが絶妙に調和した美しい街に映るんでしょう。

ほかの映画で、あんなに綺麗な新宿は観たことがありません笑


新宿に限らず、
思い出の場所は皆さんにも存在しているはず。

今の自分があるきっかけとなった場所の良さを新海監督のように美しく切り取れる自分になれたら最高だなと思いました♪

↑このページのトップヘ