わっしょいからワルツまで

Waltz[ワルツ] 1.ワルツ《二人で踊る 3 拍子の優雅な円舞》 2.踊るような足どりで歩く 3.楽に[首尾よく]進行する

2019年01月

こんにちは、もちたろうです。

もうすぐ2月!
2月といえば、バレンタインデーですね💌

全国のデパートでバレンタイン特設展が展開されていますが
渋谷にあるヒカリエの8階でもバレンタイン特設展が開催されています!

CEDF4B4C-DA44-4848-B34E-EA9EBD58C2DB
9B5EE261-972E-4B4D-A1B9-8F1664FC9B7B


普通ではお目にかかれない、個性的なチョコレートがたくさん!

包装紙に可愛いらしいイラストが施されたものや

スマートフォンくらいの大きさのチョコレートバーにお花が散りばめられたもの、

12ヶ月の誕生石になぞらえた、本当の宝石のようにカットされたもの、

世界各地の完全オーガニックの原料から作られた手作りのチョコレート・・・


などなど、

目にも舌にも、そして体にも優しい、ここだけでしか手に入らないチョコレートばかりです✨


大切な人へのプレゼントに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?✨

こんにちは、もちたろうです。
今日ご紹介するのはこの映画。

ブロガーで経営者の向山雄治さんも「もう、何度も観ました!」とおっしゃっているお気に入りの映画。

※向山雄治さんの詳細は、過去のブログを参照ください₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ 

オデッセイ

あらすじ

地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が〈生存不可能〉を示していた。 ・外気温:-55℃ ・酸素:ほとんど無し(空気成分 0.13%) ・水:無し ・通信手段:無し ・最大風速:400km/h ・食料:31日分 ・NASAの次の探索ミッションまで:4年 その男は、<希望>を捨てなかった。


みどころ

主人公がこの過酷な状況をどうやって生き抜いていくのか、
マット・デイモン演じる主人公の知恵と生き抜く意地
そして、窮地を助ける意外な味方・・・

NASAの全面協力によって実現されたリアリティさも魅力となっているようです。

映画評論家の前田有さんも映画批評サイト「超映画批評」でリアリティさを全面的に評価されています。



また、向山雄治さんは逆境を味方にしていく姿を絶賛されています。

「自分、地球にいるだけ、マシだろ」
って思います♪♪
\(^o^)/
こういう、経営者としてポジティブな思考、ブログを読んでると元気づけられます!
いつも拝見してます、ありがとうございます୧(๑•̀ㅁ•́๑)૭✧


逆境を乗り越える力が欲しい!方、
自分には無理なんじゃないか・・・と思っている方!

とっても前向きになれる映画なので、ぜひ観てみてください☆

こんにちは、もちたろうです。

みなさん、ボディペイントって、聞いたことあるでしょうか?

そう、顔や体をキャンバスとして絵を描くアートの一種なんですが、
そのボディアートを牽引する日本人アーティストがいるんです。

チョーヒカル(趙 燁)さん

プロフィール
1993年3月29日、東京都に生まれる。
2016年 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科を卒業。 
 
体や物にリアルなペイントをする作品で注目され日本国内だけでなく海外でも話題になる。笑っていいともを含む多数のメディア出演に加え、Samsung、Amnesty International、資生堂、TOYOBOなど企業とのコラボレーションや、国内外での個展など多岐にわたって活動している。ペイントの他にも衣服やCDジャケットのデザイン、イラスト、立体、映像作品などを制作。
著書に「SUPER FLASH GIRLS 超閃光ガールズ」「ストレンジ・ファニー・ラブ」がある。

※公式サイトより抜粋

作品
画力とアイデアを活かしたリアルなボディペイティングが話題の彼女。
若干25歳にして、既に世界を股にかけて活動しています。


skin wear (zipper)
IMG_0083



Super fast charging
IMG_0082



めちゃくちゃリアル!
「中の人」という表現がぴったりな1枚目。
2枚目の作品は、本当に首が無いように見えますよね・・・

凄まじい画力です。


そして、最近話題になっている作品がこちら。

だ、誰!?
IMG_0084



正解は・・・お笑い芸人、ニッチェの江上さんがキャンバスとなり、
女優の山本舞子さんに大変身!!


山本舞子さん(ホンモノ)
IMG_0086

特徴を掴んでますね、めっちゃ似てます(ง°̀ロ°́)ง・・・!SUGEEE

ニッチェの江上さん
FullSizeRender


似ても似つかないこのふたりを
ボディペイントというアートで瓜二つにしてしまうなんて、、、
筆の力おそるべし!!

これまでも数々の企業やアーティストなどのCMや作品を手がけてきた
チョーヒカルさん、これからの更なる活躍に期待です!




こんにちは、もちたろうです。

猫を題材にした映画は以前からありましたが、なんだか最近、より増えている気がします。


・猫侍(2014)


・世界から猫が消えたなら(2016)



・猫は抱くもの(2018)



・猫旅リポート(2018)




そして来月公開されるネコ映画がこちら!


トラさん〜僕が猫になったワケ〜




あらすじ

妻と小学4年生の娘がいながら、お酒とギャンブルに溺れるダメ男・寿々男(スズオ)。職業は漫画家ですが、アイデアが思い浮かばず悶々とする日々を送っています。


彼はある日、仕事を放り出してパチンコに行きます。運良く勝つことができますが、帰り道に歩道橋から落ちて死んでしまいました。


そしてふと気がつけば、肉体を失った魂の行き先を決める「関所」にいました。スズオは関所の裁判官に家族と自分の本当の気持ちを見つめ直すよう、1年の期限つきで現世に戻されます。


……ただし、猫として。


原作


この映画の原作は、板羽 皆(いたば・みな)さんが手がけるコミック『トラさん』


http://you.shueisha.co.jp/smp/lineup/torasan.html


月刊YOUで連載中です。


映画のみどころ

衝撃的なビジュアルで見る気を無くす方もいらっしゃるんではないでしょうか(笑)

これを、アイドルグループキスマイの北川さんが演じているところがニクいですね。


でも、なんと言っても涙なしでは見ることができないストーリーと、

ゆるい笑いを誘う北川さんの姿が程よいギャップとなっています。


人がもし、猫になって生まれ変わったら・・・?

家族や、日常の大切さをひしひしと感じさせる素敵な映画に違いありません!


公開日はまだ先ですが、ジャニーズファンの方も、ほろっとしたい方も

ぜひ見てみてください☆








こんにちは、もちたろうです。

今日はお笑い芸人の「千鳥」をピックアップしてみようと思います。


千鳥

FullSizeRender



メンバー

高校の同級生の漫才コンビ。


・大悟

岡山県北木島出身、39歳。

ボケ担当。

趣味は酒と素潜り。


・ノブ

岡山県北木島出身、39歳。

ツッコミ担当。



受賞歴

2005年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞

2007年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
2007年 BGO上方笑演芸大賞メディア賞・ええ漫才ができました賞
2008年 BGO上方笑演芸大賞イベントタイトル賞
2009年 BGO上方笑演芸大賞技能賞
2010年 第5回BGO上方笑演芸大賞 大賞
2013年 第48回上方漫才大賞 大賞


漫才が面白い!



テレビとロケはもっと面白い!





2018年から始まったロケ番組「相席食堂」はAmazonプライムビデオでも放送されている冠番組です。


相席食堂


IMG_0081





千鳥がロケに行くのではなくて、様々な芸能人と地元の住民との交流に

千鳥がツッコミを入れていく、という斬新な企画。


ロケVTRに対する千鳥の的確なツッコミがめちゃくちゃ面白いのですが、

鋭い視点でスタッフにも突っ込みを入れまくる様子がまた面白さに拍車をかけています。


岡山弁って、いいですね₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ 



とっても面白いので、

日常生活に笑いが足りないなあと思っている方は

ぜひ見てみてください☆
















↑このページのトップヘ