わっしょいからワルツまで

Waltz[ワルツ] 1.ワルツ《二人で踊る 3 拍子の優雅な円舞》 2.踊るような足どりで歩く 3.楽に[首尾よく]進行する

2018年07月

こんにちは、もちたろうです。
来る日も来る日もうだるような暑さ・・・

もうこれは正真正銘、である。

といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?

蒼い海、ビーチ、BBQ、太陽、海辺の恋…
それとも…

青い山、入道雲、田舎のおばあちゃん家、虫取り…


人の抱える思い出によって連想されるものは
さまざまだと思いますが、
夏を満喫したい方向けに、夏に観たくなる、夏らしい映画を3つ、集めてみました!



1.秘めた熱い思いで世界を守れ!爽やかな青春のひと夏を描く
  サマーウォーズ


2.やっぱり夏はホラーでしょ!怖い系が苦手でも面白い!
  フレディ VS ジェイソン


3.夏は煩悩の季節だに!むっとする青臭さを味わいやがれ!
  映画 みんな!エスパーだよ!




1.秘めた熱い思いで世界を守れ!爽やかな青春のひと夏を描く

サマーウォーズ


私の大好きな作品でもある、サマーウォーズ。
青春の甘くも酸っぱい思い出と、自分の持てるすべてを目の前に注ぎ込む
等身大の主人公の姿にぐっとくる、大人から子供まで
たくさんの人に見てほしい作品です。

【あらすじ】
世界中の人々が、OZ(オズ)というインターネットの仮想世界を利用する世界。
主人公の小磯 健二(こいそ・けんじ)は、数学が大好きな高校2年生。
ひそかに、先輩である篠原 夏希(しのはら なつき)に思いを寄せています。
そんなとき、夏希から「バイト」に誘われ、二つ返事でOKする健二。
実はそのバイトとは、「夏希の婚約者のフリ」をすることだった!?

【おすすめポイント】
・「夏休みの帰省先」に憧れるザ・田舎を体感できる
・健二の片思いと、夏希のおもわせぶりな距離感に胸キュン!
・主人公の等身大で全力投球する姿に感動する

【こんな人へオススメ】
最近どうも夏バテ気味…やる気の出る映画を見たい!
夏だけどどこにも行く予定がない…田舎に帰ってのんびりした!


2.やっぱり夏はホラーでしょ!怖い系が苦手な人にも見てほしい! 

フレディvsジェイソン


これも、私が好きな数少ないホラー系映画のひとつです。
ホラー映画の代名詞、「13日の金曜日」と「エルム街」がついに合体!
ゲテモノかと思いきや、2匹のクリーチャーの戦いを、固唾をのんで見守ってしまう
めちゃくちゃ面白くて新しい、ホラー映画です。

たまたま金曜ロードショウなどでテレビ放映されていたときに、
それぞれの原作も知らずに観たのが所見でした。

怖いけど、でも、目が離せない・・・!
どっちが勝つの・・・!?
どっちも負けてくれ・・・・・><

という、ハラハラ・ドキドキ感がたまらず、
好きな映画のひとつになってしまった作品です。

【あらすじ】
フレディの惨劇から10年。のちに生まれた子供達はフレディの記憶を一切持っていない。
自分の存在を人々に意識させることで力を得ているフレディは再び力を得るため、現実の世界の殺人鬼ジェイソン・ボーヒーズを操り、エルム街に再び恐怖を蘇らせ復活しようと画策する。。。


【こんな人へオススメ】
ホラーが苦手だけど、克服したい!
最後にスッキリするホラーが見たい!


3.夏は煩悩の季節だに!むっとする青臭さを味わいやがれ!

映画 みんな!エスパーだよ!




これは・・・・
煩悩すぎる・・・・!
熱い夏がさらにあつ(くるし)くなるような、
各界から称賛の声も高い、鬼才・園子温監督の作品です。

が、正直、くだらないです( `ー´)ノ
「この夏、時間を有効に使いたい」と考えている方は、
絶対に観てはいけない映画でしょう。

でも、なんというか、何とも言えない感動を覚える作品です。

【あらすじ】
愛知県東三河で起きた、エスパーたちの物語。
何の取り柄も才能もない平凡な高校2年生、鴨川嘉郎(かもがわ よしろう)は
ある日、人の心の声が聞こえることに気付く。
急に芽生えた能力に戸惑う嘉郎だが、次第に特別な能力を持っているのが
自分だけではないことに気付く。
それは、世界を救う始まりの一歩だった・・・!? 

【こんな人へおすすめ】
・夏だから、健全にムラムラしたい
・とにかく暇を持て余している
・アノ頃の純粋さを思い出したい


以上、もちたろうが夏にお勧めしたい映画3選でした☆彡

この夏、ぜひ映画で涼しい夏を過ごしてみてはいかがでしょうか!?

こんにちは、もちたろうです。
引継ぎ、夏に見たい映画シリーズをこっそりお送りしております。

今回参考にさせていただいたのは、こちらのブログです☆
(いつも参考にさせていただいています\(^o^)/)
向山雄治による趣味レベルでの映画分析ブログ♪♪
https://ameblo.jp/mukai-movie/


今回ご紹介するのは、
この夏、彼氏・彼女を作りたいと思っている紳士淑女の皆さまに送る、
恋愛力をアゲるおすすめ映画です。


1.ラブ・アゲイン

2.10日間で男を上手にフル方法

3.プリティ・ウーマン




1.ラブ・アゲイン



あらすじ

仕事も家庭も順調で文句なしの生活を過ごしてきた40代のキャル(スティーヴ・カレル)は、愛妻エミリー(ジュリアン・ムーア)が浮気をし、離婚したいと打ち明けられたことで人生が一変。さえない日々を一人で過ごしていた彼はある夜、バーで遊び人のジェイコブ(ライアン・ゴズリング)と知り合う。妻を忘れられないキャルに新たな人生を歩ませようと、ジェイコブは女性を紹介したり、ファッションの磨き方などさまざま助言を与えるが……。


この素晴らしい映画をご存知だろうか。

この映画で何が素晴らしいかというと、
ライアン・ゴズリングのごりまっちょ感がすばらしいです\(^o^)/

・・・( º﹃º` )じゅるり・・・・・

「ライアン・ゴズリング」の画像検索結果
画像引用:http://www.cinematoday.jp/page/A0005043

・・・・ではなく、イケてない中年おやじが見事に変身していくさまが
スカッと気持ちいいのです!

そして、40代と20代という年齢の違うカップル(夫婦)が
それぞれに各人の愛のカタチを探していくというひと夏の大人の冒険に
「きゅんきゅん」というよりもなんだか心惹かれてしまいます。





個人的には、若い2人よりもおじさまの頑張りが非常に面白かったです。
ライアン・レイノルズの指導に最初は戸惑うものの、
わからない中でもとにかく教わったことを実践し
ボコボコに失敗しながら自分を磨き続けてイケダンになっていく姿が
ひとつのサクセスストーリーになっていて、目が離せません。

おしゃれは恋の必需品!
特にメンズは、この映画でファッションセンスと清潔感を
研究してみてはいかがでしょうか?

ラブコメディとは思えない異色の作品。
ぜひ楽しんでみてください。


2.10日間で男を上手にフル方法


あらすじ

新米の雑誌ライター、アンディは堅い政治ネタを熱望していたが、編集長が用意したのは軽い“HOW TO”もののコラム。なかなかテーマの決まらないアンディは、友だちが語る失敗談から、男と別れたい女性のための“10日間で男にフラれる方法”という企画を思いつく。一方、独身の広告マン、ベンは上司から“10日以内に恋人をつくれば、宝石店の大きな仕事を任せる”という約束を取り付けることに成功する。そんなアンディとベンは、とあるパーティ会場で偶然出会うと、互いの本心も知らずにデートの約束を交わすのだったが…。

次におすすめするのは、この映画。
アメリカでは公開から7週連続でTOP10にランクインした、
ホンモノのラブコメです笑

「10日間で男と別れたい」と、
「10日間で女をモノにしたい」

絶対に噛み合うはずのない男女がどうなっていくのか見守る、
ドキドキ・ハラハラ感がたまりません!

デートの際の会話の振り方(男)やさりげない気遣い(男)が
確実に現実に参考になるでしょう。

そこの男子!
女子が求めているのはコレだよコレ!


そして、この映画の振り切り感が気持ちイイ!!!
仕事とはいえ、男をフるために「そこまでやるの!?」という
信じられない行動に釘づけになること間違いなし☆

なんだかもやもやしてる気がする~(モヤッ)
というあなた!

ぜひ、この映画で爽快さと勇気をチャージしてください!




3.プリティ・ウーマン

シンデレラ・ストーリーの王道、「マイ・フェア・レディ」の現代版として、女性たちに絶大な人気を誇り、見事、90年全米興行第一位となった作品。
あらすじ
シンデレラ・ストーリーの王道、「マイ・フェア・レディ」の現代版として、女性たちに絶大な人気を誇り、見事、90年全米興行第一位となった作品。ウォール街きっての実業家ルイスが気まぐれに一週間のアシスタント契約を結んだコールガールのビビアン。しかし、彼女は瞬く間にエレガントな女性に変身。その美しさと勝気な性格にルイスは次第に心魅かれていくのだが……。
この映画は本当に破格の作品だと思います。

社交界に出入りする実業家
道端のコールガール(風俗嬢)に一目ぼれして
徐々に恋に落ちていく

という話ですが、

ドラゴンボールに例えると、
魔人ブウとヤムチャが互角に戦うくらい、
普通では考えられないことだと思いますw



でも、その職業の差や周りに見る目を変えたのは
主人公のビビアンという人の魅力そのもの。

ビビアンが元々備えていた感性もあるかもしれないけれど、
ビビアンが生きる中で備えてきた知性や屈託のない素直さが
ルイスの心をとらえたにほかなりません。

人間力は一夜漬けではできないですよね。

ホタルのヒカリは例外として、
見た目が「超美人」でも、家にいったらゴミ屋敷だったら
誰も付き合おう、ましてや結婚しようとは思わないですよね。

そこの女子!
この映画を直視せよ!
そして、目を背けずに自らのインナービューティーを磨くべし!



以上、夏に観たい恋愛力が磨かれる映画3選でした♪




こんにちは、のびのびもちたろうです。

台風一過とはまさに昨日のことですね。

昨日までのありがたいと思えるほどの涼しさはどこへやら、
オーソドックスな夏休みのヒトコマを切り取ったかのような
晴天の一日でございました。


のびのび~…ごろごろ~…( ˘ω˘)スヤァ…



htoarunohikari

出展:https://japaneseclass.jp/trends/about/%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%92%E3%82%AB%E3%83%AA


今日は、タイトル通り、七人の侍について熱く語る回です。
先日、このブログでサムライ7というアニメを熱くご紹介しました。





しかし、サムライ7に触発され、
本家大元である七人の侍を観ました。





七人の侍を初見したときは書きたいことがありすぎて
文章にならなかったので、
今日は、じっくりと七人の侍について語ってみようとおもいます。


※ネタバレを含みますので、ご了承ください。


1.いまさら聞けない!七人の侍って、どんな話?


2.数少ない世界で絶賛され続ける日本映画の伝説、七人の侍

3.七人の侍を今の時代におきかえてみる







1.いまさら聞けない!七人の侍って、どんな話?Sevensamurai-movieposter1954.jpg


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BE%8D#/media/File:Sevensamurai-movieposter1954.jpg


【概要】

1954年4月26日に公開された、黒澤明監督による時代劇映画。

モノクロ映画です。


【あらすじ】

ごく簡単に言うのであれば、

戦国時代に人知れず戦い、死んでいった者たちの生きざまを描いた作品

と言えるでしょう。


別な見方をすると、
最強のチームを作り上げたある男の話
とも言えるかもしれません。


ときは、戦国時代真っ只中。

ヒエラルキーの頂点は武士。最下層は百姓。


武士は戦で手柄を上げ、一国一城の主になることを夢見ている時代。

一方、百姓たちは野伏せり(のぶせり)*の急襲や強奪に戦々恐々とし、

明日食うものにも困窮する、そんな生活を送っていた。


*「のぶせり」とは…戦で負けるなどして山間に逃げ落ち徒党を組んだ野武士。落ち武者集団のこと。


そんな中、自分の奥さんを野伏せりに略奪された村人をはじめとして、

これまでやられっぱなしだった農民が野伏せりを倒すために立ち上がります。


でも、方法がわからない。

自分たちにあるのは、少しの米のみ。

村の「じい様」に相談すると、
じい様は「腹ぁすかせた侍さ雇うだよ」と提案します。

白米を腹いっぱい食わせる代わりに村を守ってくれる侍を探してこい、と。

「7人の侍 やるべし」の画像検索結果

次の日から、白飯をエサに村をまもってくれる侍をつのりに
村人たちで街へ探しに出ます。

「無礼者!」とひたすら断られつづけ、安宿の博打打ちにも
「百姓になるなら死んだほうがましだ」と罵られながら、
自分たちは稗を食べて耐え、ひたすら侍探しに徹します。

そんな中、ひとりの浪人、島田勘兵衛

農村を守ることを承諾してくれます。


勘兵衛を起点に7人の侍たちがあつまり、

金にも名誉にもならない、人知れぬ戦いがはじまるのでした。



2.数少ない、世界で絶賛され続ける日本映画になったワケ


【映画史を覆した記念碑的作品】

7人の侍は、いろいろな意味で当時の映画の常識を覆すすばらしい作品でした。


特に、勧善懲悪のストーリーと

武士と農民という階級の差を乗り越えて大事を成し遂げる

というテーマが全世界共通でひとびとの心に深く残ったのだと思います。


ちなみに今ではよく見かけますが、

ミステリーやアクション映画などで、重用人物が撃たれたり倒れる瞬間が

スローモーションで映し出されるシーン、ありますよね。


あれを世界ではじめて取り入れたのが、この七人の侍なんだそうです。




撮影の技法もさることながら、名優たちの演技や脚本も世界で称賛され、

1960年に西部劇版の七人の侍、「荒野の七人」がハリウッドで公開され、

2016年に「マグニフィセント・セブン」としてさらにリメイクされ大ヒットしました。



荒野の七人&lt;特別編&gt; [DVD]
ユル・ブリンナー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-04-17







そのほかにもたくさんのオマージュ作品残させた黒澤明監督。
世界の監督や若者に影響を与えた名作となりました。


『七人の侍』から派生していった名作珍作群、その7つのパターン!

https://cinema.ne.jp/recommend/shichinin2016100811/



【七人の侍を支える出演者】

黒沢監督の映画は、いつもおなじみの顔ぶれで構成されています。

なんといっても、この2人ははずせないでしょう。


・三船 敏郎(みふね としろう):菊千代

「世界のミフネ」と言われ、

美輪明宏スティーブン・スピルバーグ、

ブルース・リーなど、世界の名だたる人物から敬愛を集める人物です。

黒澤明監督も三船が大好きで、

ほぼ全ての作品に三船を出演させています。



・志村 喬(しむら たかし):島田勘兵衛

三船敏郎と同じく、黒澤明監督から絶大な信頼を得て

黒沢監督の全30本の作品中21本に出演した名優です。

生涯で400本以上の映画に出演し、特に1952年公開の

「生きる」では、NYタイムズに「世界一の名優」と評されています。


生きる
志村喬
2015-04-22





【武士たち+特異点:菊千代】

もうひとつ、私が個人的に思う七人の侍の魅力は、

勘兵衛を幹に集まった、7人の個性あふれる侍たちだと思います。


・島田 勘兵衛 

・片山 五郎兵衛

・岡田 勝四郎

・七郎治

・林田 平八

・久蔵

・菊千代


簡単に、各人物を紹介してみます。


1.島田 勘兵衛(しまだ かんべえ)
「島田勘兵衛」の画像検索結果
出展:https://matome.naver.jp/odai/2151943458295637501

白髪が目立つ、50手前の浪人。

大変腕の立つ知略家で、一国一城の主を野心に描いていたが

見果てぬ夢であることを了解している。

七人の侍をまとめ上げる、リーダー的存在。


2.岡田 勝四郎(おかだ かつしろう)

出展:https://matome.naver.jp/odai/2151943458295637501

裕福な生まれの若侍。

実戦経験はなく、武士という職業に高い理想を描いている。

勘兵衛が街で事件を解決したことを目撃し、

志に惹かれて勘兵衛に師事を頼み込む。


3.片山 五郎兵衛(かたやま ごろべえ)

腕の立つ浪人。穏やかな気性だが、経験が非常に豊富で策略家。

口癖は「御冗談を」。


4.七郎次(しちろうじ)

出展:https://matome.naver.jp/odai/2151943458295637501

勘兵衛の古女房。(信頼できる臣下だった人)

勘兵衛とともに数々の戦をくぐり抜け、

今は商売人となっている。


5.林田平八(はやしだ へいはち)
「林田平八」の画像検索結果
出展:https://matome.naver.jp/odai/2151943458295637501

剣の腕は「中の下」だが、朗らかで冗談好きな性格。

金がないので団子屋で薪割りをしているところに五郎兵衛が遭遇し、
「辛い時ほど助けになる」男だとオファーされ、野武士退治に
参加することとなった。

6.久蔵(きゅうぞう)

出展:https://matome.naver.jp/odai/2151943458295637501

決闘で勘兵衛に見初められ、一度は断るも、
官兵衛ならばと戦うことを決める。
官兵衛曰く、「己をたたき上げる、ただそれだけに凝り固まった奴」。
勝四郎が敬愛を寄せる。

7.菊千代(きくちよ)


出展:https://matome.naver.jp/odai/2151943458295637501
百姓上がりの侍(になりたい男)。
勘兵衛の腕に惚れ、弟子になりたいとついてくる。

大酒呑みでだらしがなく、武士としての常識や教養はないため
他の6人から馬鹿にされている節があるが、底抜けに明るい性格。



まったくタイプの違う7人が、
なんの名誉にもならず明日死ぬかもしれない戦いに身を投げる、
これほど違和感のある作品はないかもしれません。

でも、その違和感を滑らかにしているのが「菊千代」だと思います。

「菊千代」の画像検索結果


菊千代は百姓ではありません。
ましてや、武士でもありません。
百姓が嫌で逃げてきた、浪人もどきの半端者。


明らかに外れ値ですね。

外れ(はずれち、英:outlier )

統計において他の
から大きく外れたである。
測定ミス・記録ミス等に起因する
異常値とは概念的には異なるが、
実用上は区別できないこともある。


この時代に、泣く泣く戦場に出ていく百姓は少なくはなかったそうですが、
自ら「武士」になることを志して腕が立つ勘兵衛に師事を頼み込む百姓が、
どれだけいたのでしょうか。

この異常値、特異点である菊千代が、
武士と百姓の常識や壁をぶち壊してストーリーを進ませていきます。

よく聞きな!百姓ってのはな、けちんぼで、ずるくて、泣き虫で、意地悪で、間抜けで、人殺しだ!

ちきしょう!おかしくって涙が出らあ!

だがな、そんな「けだもの」をつくったの、一体誰だ?  

お前たちだよ!侍だってんだよ!馬鹿野郎!


百姓と武士の間で苦悩する言葉がさらけ出されます。

関連画像

普段はおちゃらけたことしかしない菊千代が悔し気に放つ
告解とも取れる言葉が、武士と百姓との埋まらない立場の差を
埋めていくように感じます。


【残酷なまでの時代考証と、日本人を映した描写】

七人の侍をググると、「徹底した時代考証」という一文をよく目にします。
正直、映画を見ても「よく戦国時代を再現してるなあ」と
思えるのはごく一部の方だけではないかと思いますが、

そんなあなたに!守鍬 刈雄さんの動画が大変わかりやすく解説してくれているので、ぜひ聞いてみてください!
結構長いんですが、とっても面白かったです。

守鍬 刈雄のお暇なら映画でも


【すぐにわかる】七人の侍 独自解説 どうしてこの映画は凄いと評されているのか The Seven Samurai Review


この時代考証のほかにもう1つ、
日本人の心理描写が非常に分かりやすく映し出されているなと感じました。
心えぐられるほど、明確に映し出されています。


・嵐には抗わず、黙って過ぎ去るのを待つ
・「多数」が正義


完全なる日本人ですよね。

特に百姓たちは、日本人の国民性を嫌というほど表現しています。

「奪われるのが当たりまえ」「しょうがない」負け犬精神

たぶん、根底にあるのはこの精神なのではないでしょうか。

その精神をはねのけて
運命を変えようとしているのが「野伏せりさずっ殺すだ」と言い出した利吉です。

利吉はもともと、女房を村のために差し出している人物です。
「大事」(村)と「小事」(女房の命)を天秤にかけ、
利吉が選んで出した答えは「大事」。

でも、差し出しても差し出しても終わりがない運命に
自ら抗うことを決意して、ただ一人、侍探しに希望をもって町へ出ます。

平均的な日本人と、そこからとびぬけた一人の男。
映画の前半はその物語としてみても面白いかもしれません。


3.七人の侍を今の時代におきかえてみる

今で言うと、七人の侍はどんな物語なのでしょうか?

冒頭でも書きましたが、私はこの七人の侍は
「最強の勝ち組チーム作り」の物語だと思います。

実は勘兵衛を除く6人の侍たちは、
百姓のためにと慈善的な心で野武士と戦うことを決意した訳ではありません。

6人すべて「勘兵衛」の人となりに惹かれて、
勘兵衛と戦うことを望んでこの戦に参加しています。

合理的に判断すると、実力主義の戦国時代、
何のメリットもない話です。


 ▼メリット
 ・白飯が腹いっぱい食える
 ・勘兵衛と戦える

 ▼デメリット
 ・報酬がない
 ・出世の役に立たない
 ・死ぬかもしれない\(^o^)/

こんなの比べてみたら、完全にデメリットのほうが大きいと思うじゃないですか。

でも、6人は勘兵衛と共に闘うを選んで、修羅の道に入るわけです。


全人生をかけて磨いてきた「個」としてのスキル(剣術)と
過去、散々に体験した「負け戦」による「失敗体験」。

この2つが勘兵衛の人生に深みを与え、
「自分もこの人のようになりたい!」という強い憧れを抱かせるのかもしれません。



前人未踏の結果を残す、勝ち組のチームを作る秘訣が
七人の侍には詰まっているように感じます。

このチーム論は、「300(スリーハンドレッド)」という
ローマ時代のスパルタ軍を描いた映画にも共通するかもしれません。

スパルタ軍の場合は、全員が戦いのエリート集団であり、

全員がスパルタという小国のために命を捨てる覚悟ができている
超人軍団の話です。

300人という、軍隊として非常に少ない人数でありながら、
1万人ともいわれるペルシャ軍を、知略を尽くして追い詰めた物語です。

スリーハンドレッドから学ぶチーム論のお話を、
もちたろうの尊敬するブロガーさんが書かれているので
ぜひ見てみてください。

向山雄治による趣味レベルでの映画分析ブログ♪♪

300(スリーハンドレッド)



あとは、書いておいてなんですが、
文章ではどうしても読みづらいので
この動画、ぜひ見てみてください!


七人の侍が300倍面白くなる動画ですw

町山智浩氏が語る20世紀名作映画講座「七人の侍」(前編)


町山智浩氏が語る20世紀名作映画講座「七人の侍」(後編)



では、もちもちな夜を。

こんちには、もちたろうです(ノ)*´꒳`*(ヾ)

昨日は、大雨の気化熱で
久々にほっとする気温でしたね〜
ありがたや〜

今週か来週に台風が来るらしいので、
お気をつけくださいませ。

何気に、周りに経営者の知人がちらほらいるんですが
その中の経営者兼ゴリゴリのエンジニアの方がいて、
その方はアウトドアとか無縁なのかな〜と思いきや、
お盆に家族旅行でハワイに行くと決まったらしく。

ワクワクしながら旅行計画を話してくれて、
私もめっちゃハワイに行きたくなりました笑


そんなときに、なんかポジティブなのが観たいな〜と
ふとみつけたのがこのショートドラマ


しろときいろ

FullSizeRender


女優の川口 春奈さん主演で、
1話15分の連続テレビ小説形式で進んでいくドラマなんですが、
「日本人がハワイアンパンケーキの店をつくるまで」
のサクセスストーリーです。

完全なるフィクションかと思ってたんですが、
実際には実話をもとにしたフィクションらしいですねᔪ(°ᐤ°)

それが、銀座や表参道、六本木ヒル
店舗をかまえるハワイアンパンケーキのお店、
エッグスンシングス
の経営者の方の話だったとは…!

ドラマでは高校卒業後すぐに起業したことに
なっていますが、
実際には、4歳一児の母でありながら起業を決意し、
「絶対に成功させる」ことをコミットして、
創業から10年経った今は売り上げを600%以上に
伸ばし続けています。

超・かっけーーー(๑°ㅁ°๑)‼✧

詳しくは、こちらのインタビューから。

特に印象的だったのは、この言葉。

本当に何かを成し遂げたければ、諦めないこと。

すごくシンプルですよね。
たとえ今はダメでも状況が変われば結果が変わることもある!

諦めるな、という言葉はすごく陳腐な言葉に
聞こえるけど、どの経営者も言っている
本質的なことなのかなと感じます。

しろときいろ、パワーチャージにぴったりです。

今日も、がんばろう♪

こんにちは、もちたろうです(ノ)*´꒳`*(ヾ)

東京は昨夜、いきなりの雨。
かんかん照りが続いていたので、
なんとなく、一安心。

ちょっとは涼しくなるといいな〜✨

しかし、、、
こんなにも暑いとアイスが止まらない\( ˆoˆ )/

起きたら氷、おやつにアイス、帰って一杯アイス!
もう、冷菓業界のアンバサダーになりたいପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ


しかし、何事も上には上がいて、
アイスといえばこの方、年間1000食以上の
アイスを食べて食べて食べてレビューしまくる!

アイス評論家:アイスマン福留さん


はじめて、深夜番組で「アイス評論家」の肩書きを
聞いた時はめちゃくちゃびっくりしました。

この人まじでコレで食ってんのかよ!?

という、尊敬半分、バカにしている半分、というか。


でも、この方の半生を見ると、

今この成功があるのも当然だなと思えてきます。


定職に就かず仕事を転々としながら、
20代後半までトラックの運転手をしていたそう。

そんなとき、テレビでホリエモンに衝撃を受け

「プログラミングができるようになって、
  社長になる!」

ということを決めたんだとか。

そこから怒涛の巻き返し人生が始まります。

詳しくはアイスマンさんのブログで

じっくり見ていただきたいんですが、

この方、ガチで経営者になってしまうんですね。


もう、ほんとにすごいです。

猪突猛進型で、当たって砕けて進んで、

また当たって、壁をぶち壊して進んで…


色々なことを自分の身で体験しながら

ぐいぐいと自分の世界を変えてきた方なんだなと、



ただのアイス食べるおじさんだと思ってた( ˘ω˘ )


ごめんなさい\( ˆoˆ )/


今日もアイス食べながらがんばろう〜っと( ・`ω・´)



↑このページのトップヘ