蜘蛛の巣を払う女 (字幕版)

ドラゴンタトゥーの女の続編となる本作。
スティーグ・ラーソン原作の世界的ベストセラー推理小説「ミレニアム」の4作目を映画化した作品。

あらすじ
特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、背中にあるドラゴンのタトゥーが特徴のリスベットは、AIの世界的権威であるバルデル教授から、図らずも開発してしまった核攻撃プログラムをアメリカ国家安全保障局(NAS)から取り戻してほしいと頼まれる。依頼を受けて陰謀の裏を探っていたリスベットは、やがて16年前に別れた双子の姉妹カミラの存在にたどり着き、カミラが仕かけた罠にはまってしまう。



予告から最高にスリリングな展開を予感できますが、台詞のひとつひとつにまで仔細に広げられた伏線の数々を原作の面白さそのままに体感できます。

前作ドラゴンタトゥーの女からキャストが入れ替えられ、新たな主人公が描かれるのも必見です。