2019年10月に公開される、
恩田陸の小説を原作とした作品。

蜜蜂と遠雷
 

あらすじ
3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。
かつて天才少女と言われ、その将来を嘱望されるも、7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた栄伝亜夜は、再起をかけ、自分の音を探しに、コンクールに挑む。
そしてそこで、3人のコンテスタントと出会う。岩手の楽器店で働くかたわら、夢を諦めず、“生活者の音楽”を掲げ、年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。幼少の頃、亜夜と共にピアノを学び、いまは名門ジュリアード音楽院に在学し、人気実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。
そして、今は亡き“ピアノの神様”の推薦状を持ち、突如として現れた謎の少年、風間塵。国際コンクールの熾烈な戦いを通し、ライバルたちと互いに刺激し合う中で、亜夜は、かつての自分の音楽と向き合うことになる。果たして亜夜は、まだ音楽の神様に愛されているのか。そして、最後に勝つのは誰か?

圧倒的な音楽描写により映像化不可能と言われた作品で、作者の恩田陸さん本人も映画化の話があったときは「なんという無謀な人たちだろうと、ほとんど内心あきれた」くらいだそうです。

果たして、どんな作品になっているのか…?

ピアノコンクールを彩る競合たちも、実際に世界を股にかけて活躍する日本の最高峰のピアニストたちを起用。
絶対的なこだわりで紡がれる音、
ぜひ劇場で観てみたい作品ですね!