わっしょいからワルツまで

こんもちは。 もちたろうのブログです。 日本(わっしょい)から海外(ワルツ)まで 映画、ドラマ、バラエティ、音楽、本などなど もちたろうの興味対象にあるモノたちを ひたすらにピックアップしてまいります!

こんにちは、もちたろうです。
今日ご紹介するのはこの映画。

パディントン
あらすじ
1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化。
真っ赤な帽子をかぶった小さな熊が、ペルーのジャングルの奥地からはるばるイギリスのロンドンへやってきた。家を探し求める彼は、親切なブラウンさん一家に出会い、「パディントン」と名付けられる。ブラウンさんの家の屋根裏に泊めてもらうことになったパディントンは、早速家を探し始めるが、初めての都会暮らしは毎日がドタバタの連続で……。


原作の絵本
クマのパディントン

みどころ

キュートなパディントンがおっさんの声で喋る!?
なんて始めは想像もできませんが、見てみると、これまた意外に
声がマッチしてなんの違和感もなく見進めることができます。

それ以上に、パディントンがなんと愛らしいことか。

彼が繰り広げるドタバタ劇の中に通じる一本筋の通った「紳士」さには脱帽。

信念を突き通すことが周りを巻き込み奇跡を起こしていくんだと
ほっこりしながら学ばせられる映画でした!

子供向けと思って侮るなかれ!
ぜひ見てみてください☆

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット