こんばんは、もちたろうです。
今日ご紹介するのはこのアニメ。

SHIROBAKO(シロバコ)


テレビアニメ「SHIROBAKO」公式サイト


”シロバコ”とは映像業界用語で、完パケ(編集をすべて終了し、放送などにすぐに使える状態に仕上がった作品の事。「 完全パッケージ」の略。)した作品が収録された、白いビデオテープの箱のこと。

mig

※今は白いDVDディスクに焼かれているので、「箱」は昔からの名残りなんですかね。

「シロバコ」からイメージできる通り、1つのアニメーション作品が
出来上がっていくまでのかかわる人たちの苦労や生き様、主人公の成長を
描いた作品になっています。

あらすじ
シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープのことであり
ひとつの作品が完成した際に、製作者が最初に手にすることができる成果物である。
(中略)そこにはクリエイター達の思いが詰まっている。
この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、
クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。
そして、5人がともに目指した夢への挑戦。
その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。
そう、アニメの今がここにある・・・


登場人物

この物語には5人の主要な人物が登場します。
それぞれの登場人物がそれぞれにアニメーション業界に
かかわる夢を持ち、学校を卒業して夢へと向かって進んでいきます。

宮森 あおい・・・制作進行志望
安原 絵麻・・・原画家志望
坂木 しずか・・・声優志望
藤堂 美沙・・・CGクリエイター志望
今井 みどり・・・脚本家志望



みどころ

私はアニメーション業界の内部事情には全く縁がなく、
このアニメが業界の内情に即しているかどうかは
わからないんですが・・・

このアニメは、なんといっても主人公の夢へと向かって
前向きに進んでいく姿に共感し、観ている側も前向きになれる
さわやかな作品です。

話が進む中で、主人公が「自分がどこに向かっているのか」を
自問自答するシーンがあるのですが、
あのシーンは地味に心打たれました。

誰しも、仕事を頑張る理由が大なり小なりありますよね。

稼ぎたい、出世したい、この業界で名をとどろかせたい、生活のため・・・?

人それぞれに異なる目的を新たにすることは、
頑張る理由となる「エンジン」をビッカビカに磨くことだと思うんです。

主人公であるあおいが「なんで、アニメの仕事をしているんだろう…」
と自問し、その答えを見つけて更に加速していく。

自分も「これくらいやらなくっちゃ!」と、鼓舞されるようです(≧▽≦)


そして、脇を支える会社の仲間や監督たち!
それぞれに作品に向かう熱い想いも、必見です!

ぜひ、ご覧ください♪